(2018.11)グランドハイアット東京 チョコレート アフタヌーンティー ブッフェ 4,720円(直接予約)

グランドハイアットのロビーから階段をのぼったところにあるフレンチキッチン。アフタヌーンティーがビュッフェ形式になってから初の訪問です。今回はチョコレート尽くしということでチョコレートに目がない私はかなりわくわくしながら伺いました!

ご馳走していただいたので金額がはっきりとはわからないのですがおそらく3,800円+サービス料+税でおよそ4,720円だったと思います。お義理母さん、ありがとうございました!

まずはビュッフェエリアの全景写真を。

びっくりするくらい、品がない!笑
あとで補充されたら写真撮り直そうと思っていたのですが、すこーしずつ補充されるので写真映えの瞬間はこれといって訪れず、まあいいかと諦めてしまいました。

食べ物

セイボリー

(左下から時計回りに)
マッシュルームとホウレン草と栗のキッシュ
スモークサーモン、きゅうり、クリームチーズ、ブリオッシュ
ナスとチョコレートのカポナータブルスケッタ
チキン、クランベリー、セロリ、アップルトルティーヤラップ
ポークリエット、カカオニブ、オレンジ、アンディーブ

セイボリーも取り放題で、5種類でした。個人的な好みでは左下のキッシュ、右下のポークリエットはおいしいと思いました。ただそれ以前に、やはりビュッフェ形式なのでどうしても乾いてしまうというのは難点かなあ…。あくまでデザートの合間に塩気としてつまむ存在として認識。

スコーン

チョコレートスコーン
プレーンスコーン
ストロベリージャム、ホイップクリーム

スコーンがおいしかった…! というかチョコレートスコーンがすごく食べたかったという補正がかなり入っているのですが。上下にぱかっと割れやすく、食感はもふもふ系。スコーン自体に結構しっかり味がついていて、かなり食べ応えがあるほうのスコーンです。スコーンというより、もはやパン。スコーンだけど、パン寄りのスコーン(笑)。本当はクロテッドクリームが好きだけれど、このスコーンは確かにホイップクリームのほうが合うかも。

ちなみにスコーンは食べ放題ではなく、プレーンとチョコレートが一つずつ。出てきた瞬間はほんのり温かいのですぐ食べるが吉。

スイーツ

ホワイトチョコレートムース
ラズベリーアントルメショコラ

タルトショコラ
ガトーオペラ
チョコレートマカロン
パリブレストショコラ
チョコレートプリンボネ
シャンテリーショコラ
ミルクチョコレートムース

よそるのが下手すぎて無念。マカロンが思いの外おいしかったのでもっと食べたかったけれど、もうこのお皿分食べるだけで胃袋が悲鳴をあげて、2周目いけず…。体格のわりにくちほどにもない私です。。。その他気に入ったのは、右下内側のタルトショコラは生チョコケーキという感じでチョコ好きにはたまらない一品でした。あと左上のチョコレートプリンボネもおいしかったです。一言で言うならチョコレートプリンなのですが、パフ?も入っていて食感が楽しめました。

やっぱりデザートビュッフェはなかなかのフードファイトだと思います。大好物のチョコレートでも、胃の許容量は増えませんでした…。

チョコレート ファウンテン
バナナ プティシュー マドレーヌ マシュマロ

こちらも食べ放題! でしたが…上記の理由からなんと一つも食べられず。我ながらどういうこと。今写真見ると食べれなかったことがすごく惜しく感じられる…(涙)。

紅茶

・Art of Teaの3種からひとつを選ぶ
・おかわり可だが茶葉変えは不可。ただしホットかアイスは変えられる
・ポット提供

3種の詳細は以下の通り。

  • オーガニックアールグレイクレーム
    深みのある味わいとさわやかな渋みが特徴の有機ハイグロウン紅茶に、香り豊かなイタリア産ベルガモットオイルとフレンチバニラの香りをブレンド。甘い香りと爽やかさが絶妙です。
  • バニラベリートリュフ
    ホワイトチョコレートの甘さとハイビスカスやベリーの酸味が絶妙な甘酸っぱいデザートを連想させる一杯です。すっきりとした味わいで、フルーティーかつ甘く芳醇な香りが広がります。カフェインフリーです。
  • オーガニックモロッカンミント
    有機栽培のペパーミントとスペアミントをガンパウダー緑茶とブレンドしました。ホットでもアイスでも美味しくいただける人気のモロッカンミントティーです。

みんなバニラベリートリュフにするだろうな〜と思っていたら見事にみんなバニラベリートリュフを選んでいた。私はアールグレイ。チョコレートスコーンに全力で照準を合わせていたので、スコーンとのマリアージュを最優先に考えた結果です。結構おいしかったです。でも3種なら、茶葉変え可にしてくれてもいいのになあ。

ハード

内装→THE ホテルのオールデイダイニング! という感じで、とても無難な店内。すごく落ち着くわけでも落ち着かないわけでもなく。ダイニングです。

景色→エントランスの外を眺めることができます。要するに特に景色はありません。

接客→ビュッフェということもあり可もなく不可もなく。お茶のおかわりは、呼べばすぐ来てくださいました。

全体の満足度

超がつく主観ですので悪しからず。

★★★☆☆

ビュッフェ形式のアフタヌーンティーは初めてでしたが、やはりアフタヌーンティーと名がつくのであれば3段のティースタンドで提供されたほうがゆっくりできて雰囲気も楽しめるかなあという意見です。ただ、本当にチョコレートに目がないので、これだけのチョコレートスイーツをこれでもかというほど食べられたのは幸せな時間でした。

 

以下、評価基準メモ(17.11.27改訂)

★☆☆☆☆ 感想すら抱く気になれない
★★☆☆☆ 満足とはいえない。リピートはしない。
★★★☆☆ よかったが感動はない。ある意味、感想がない。
★★★★☆ おおむね満足。感動があり、人にも勧める
★★★★★ 非の打ち所がない。いつかこの評価をしたい

 

今日のオススメアイテム

以前にも貼っていますが、紅茶を勉強するのにおすすめの書籍です。コラムもいろいろ挟まっていて、「ミルクティーはミルクを先に入れる?紅茶を先に入れる?論争」はとても興味深いですし、アレンジティーの紹介、産地解説などおもしろく読めます。

食べ物とのマリアージュ(食べ合わせ)も紹介されているのでアフタヌーンティーにも直接的に役立ちます!気になったらぜひ~


Amazon.co.jp
¥1,620.-